映画・テレビ

ハリーポッター、3人の成長を写真で見ると・・・

                                                                

ハリーポッターの

あの、3人組ですが・・・                                                

                                                           

写真で、その成長ぶりが

すこ~し、見られますヨ。                                                      

                                                               

まず、2000年

ハリー・ポッターと賢者の石

出演の頃は・・・

                                                            

2000                                          

                                                  

お子様たち、

って感じでいいですね。                                          

                                         

そして、2002年

ハリー・ポッターと秘密の部屋

では・・・                                                     

                                                      

20022

2002                                                            

                                                     

生きてるって、感じ。                                               

つづいて、2004年

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

では・・・

                                                    

2004_3

                                                     

う~ん、急激に

大人への道を進み

はじめましたね・・・                                             

そして、2005年

ハリー・ポッターと炎のゴブレット                                    

20052

2005

                                                   

さあ、2007年

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

では・・・                                                 

2007

20072

                                                      

2009年です。

ハリー・ポッターとのプリンス

                                                 

2009                                     

20092                                     

20093

                                                      

大人の雰囲気が

メロメロしています。

ことばが、

意味不明ですが、笑。                                  

2010年は・・・

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1

                                                       

20102                                    

2010

                                                             

完全に

おとなですね。

                                                    

2011年、今年の

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

・・・はあるのかな・・

                                                       

わおーっ、ありましたよ!!                                          

                                       

Hp2011worldpremia

                                                     

ダニエル・ラドクリフ氏の

横にいらっしゃるのが

原作者J.K.ローリングさんですね。

とても綺麗な方ですね・・・

                                                       

                 というわけで

                 今月は、WOWOWで

                 全シリーズ(PART2はレンタル)

                 一挙に観てしまいました。

                                                   

                 いやあ、面白かったです!                         

                 以来、どのシリーズから

                 放送していても観てしまった・・

                 ほどです。                                 

                 おつかれさま。                              

                                  

| | コメント (0)

「君に読む物語」はステキ

Wp1l                               

                        

                            

                           

久しぶりに見てしまいました。

「君に読む物語」                                                   

2人が出かけた湖?には

なんと、つくし君(あひる)の大群が。

このシーンでは今回笑ってしまいました。                                  

                                        

この映画のストーリーが大好きです。                                               

                               

認知症になってしまった妻と

最後はベッドで手をつないで

旅立っていく・・・                                                 

やっぱり、誰かなんです。

そのとき一緒にいてくれる、誰かがいる。

それって、素敵だなあ。

| | コメント (2)

ベンジャミン・バトン 観てきました

お台場に寄った帰り

せっかくなので、シネマ・メディアージュで

「ベンジャミン・バトン-数奇な人生」を観てきました。                                

およそ3時間の大作です。                                                       

           Ccbb_wallpaper_5_1280x1024                                              

ベンジャミン役のブラッド・ピットが

見た目は80歳で生まれ、

歳をとるごとに若返っていく男を演じています。

興味を持ったのは40歳代から若返っていくのを

どうやって映像にしていくのか・・・期待感がありました。                           

                                                            

                    Ccbb_wallpaper_6_1280x1024                                                      

しかし、ブラッド・ピットが若返っていくのも限界が見えたし、

それ以降は子役が演じるしかないんですが、

ブラッド・ピットの面影を残す子役を探すのは、

さすがに難しいと思いました。

そのため後半は、なんどかため息が・・・。

それでも、涙が出てきてしまいました。

不思議です。

相手・デイジー役のケイト・ブランシェットは

さすが・・・という感じでした。

インディ・ジョーンズのイリーナ・スパルコ役は

すごく印象に残っています。

チラシが欲しくてスタッフの方に尋ねたら

もうないとのこと。

仕方がないので、掲示板を写真に収めてきました。

C

| | コメント (2)